P1120389

施工事例 part5 後編 ~無垢ひのきフローリングと水まわりのコラボレーション~


前回のブログの後編です。

前回はこちら↓
施工事例 part5 前編~ひのきの香りにつつまれたお家~

今回のリフォームでは、洋室だけでなく水まわり含む全部屋に渡ってひのきの無垢フローリングで統一しました。

水まわりに無垢フローリングの組み合わせもとてもナチュラルで面白味のある空間になります。

水まわりそれぞれの施工事例と商品紹介含め、ぜひご覧ください。

「というか…水まわりに無垢フローリングって問題ないの?」
↑という方は【施工事例 part3~無垢は水まわりでも大丈夫~】へ↑
しっかりとした下処理を行えば全然気楽に過ごせますよ。

 

↓ページ内リンク付なのでそれぞれの項目に飛びますよ↓

【キッチン】

【洗面脱衣所】

【トイレ】



【キッチン】

まずはキッチンからです。

page

施工前と施工中の様子です。

キッチン本体を撤去して、事前に内装工事や配管や電気配線の作業をしておきます。

page2

キッチン本体を設置していきます。

なかなか本体の中身を見ることってないですよね。

ステンレスボディのキッチンなので、耐久性は抜群です。

page3

キッチンが完成しました。

キッチンはクリナップ製のクリンレディという製品です。
クリナップホームページはこちら→https://cleanup.jp/

なにがいいかって、本体がステンレスなのでなんといっても長持ちすること。

僕もリフォーム業ということで、20年くらい経ったキッチンを何台も見てきました。

やっぱり木製のものだと、長いこと経てばどれだけ普通に使っていても湿気でへたってくるしにおいもつきます。

古くなってしまえば本体丸ごと新しく替える必要もでてきます。

このステンレスボディのキッチンにすれば本体はよっぽど替えなくてもいいので、コンロとかレンジフードだけを古くなった時に替えれば良くなります。

30年40年と長いこと使うようであればその方がコスト的にも抑えれることになります。

そしてキッチンの扉も木目のナチュラルカラーを選んだので、ひのきのフローリングとも統一感を持たせました。

キッチンとしての使いやすさと手入れのしやすさ、全体のビジュアル的にもこだわりのある台所になりました。

P1120389

 

【洗面脱衣所】

次に洗面脱衣所です。

page

施工前と施工中の様子です。

化粧台の向きを変え、建具も取り替えるので、内装も造作していきます。

page2

化粧台本体の設置です。

3段引出しにしているので、たくさん収納ができます。

page3

洗面脱衣所の完成です。

洗面化粧台も耐久性重視で選んでみました。

メーカーはホーローで有名なタカラ。
タカラホームページはこちら→http://www.takara-standard.co.jp/

ホーローという材質は簡単に言えば鉄板ですが、その表面にガラスを焼き付けてあります。

なので鉄の弱点だったサビとか腐食にも強くなっていて、表面のキズとか汚れも全然つかないほど。

まさに「頑丈」という言葉が一番似合うくらいの製品です。

これも30年くらい前のものを見たことがあるのですが、全然新品だったのがとても印象的でした。

木製の化粧台と違ってキズ汚れは全然つかないので、扉カラーはホワイトにして清潔感ありながらもひのきフローリングのナチュラルさも映える洗面脱衣所にしてみました。

P1120345

 

【トイレ】

最後にトイレです。

page

施工前と施工中の様子です。

本体設置の前に配管と内装の作業をしていきます。

page2

もうすこしで設置が完了です。

今回はよく見かけるようなトイレではなく、こだわりと高機能が詰まったちょっと変わったタイプです。

page3

トイレが完成しました。

トイレもこだわってみました。

メーカーはTOTOです。
TOTOホームページはこちら→http://www.toto.co.jp/

少なくて限られたスペースをどれだけ有効に活用できるか。

トイレのタンクがある背中部分は、実はただのデザインの板じゃなくて収納スペースになっています。

トイレって結構小物が多いので、それらをたくさん収納できるようになっています。

そして以外と知られてないことですが、トイレを替えるだけで毎日の水道代がすごい節約できます。

15年くらい前と今のトイレの一回に水を流す量を比べると半分以上も少なくなっています。

金額でいうと年間1〜1.5万くらい削減できて、10年弱くらいすれば取替え費用の元が取れるほど節約に貢献しているのです。

お風呂とかキッチンだったら、なるべく水を使わないように自分で工夫できるのですが…

トイレは毎日何回も使うところだし、なにより自分で気にせずに毎日節水できるというのがとても気が楽ですね。

そして今回のフローリングに使用したひのきの端材で、ウッドパネルも作りました。

モザイクタイル調にするのに割り付けを考えるので頭をとても使いましたが…

ひのきのいい香りと、ちょっとしたアクセントにもなってとてもいいものになりました。

P1130296

 

愛知県みよし市 住宅リフォーム

施工期間:45日

施工箇所:全面改装

使用樹種:ひのき 生節 無塗装(お客様がDIYにて蜜蝋ワックス塗装)


…商品詳細&お問い合わせ&資料請求はこちらまで…

~自然素材を生かしたやすらぎのある空間造りをお届けします~

無垢フローリングショップ ふろあ家

URL:http://furoaya.com/

担当:梶野(かじの)

 


  …商品詳細&お問い合わせ&資料請求はこちらまで…

~自然素材を生かしたやすらぎのある空間造りをお届けします~

無垢フローリングショップ ふろあ家
URL:http://furoaya.com/

株式会社 建築工房きらく
URL:http://kiraku-arch.com/

Instaglamはこちらから
URL:https://www.instagram.com/ikuya_kajino/?ref=badge

お問い合わせフォーム
URL:https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01253932

リフォームアドバイザー兼DIOアドバイザー
梶野(かじの)

“施工事例 part5 後編 ~無垢ひのきフローリングと水まわりのコラボレーション~” への1件のフィードバック

  1. お世話になりました。
    とても素敵なリフォームです。

    構想段階から梶野さんのおかげで素敵な住みやすい家になりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です