DSC00210

施工事例 part4 ~あまり見ることのない床下に気を付けましょう~


◎施工中

DSC00107

6帖一部屋のリフォームです。

床はたたみだったのですが、年数が経って古くなってしまったことと、寝室としてベッドや家具などを置きたいことから、フローリングに変更することとなりました。

たたみと床板を撤去し、新しく下地を組んでいきます。

床下は土の状態でした。

最近ではべた基礎ということで床下もコンクリートを打ってあるところがほとんどですが、やはり20~30年前以降の住宅にはまだ多いようです。

「年数が経って古くなってしまったこと」の原因の一つとして、床下の土からの湿気が上がって、劣化を進めてしまったことも考えられます。

基礎の通気口もしっかりとってあり、風の通りもよさそうなので、土の上に防湿シートを張って湿気対策としました。

DSC00110

たたみからフローリングに変更する際の注意点として、断熱性能の違いがあります。

たたみは厚さ約55mmに対してフローリングは15mmです。

そしてたたみは「い草」、フローリングは「木」という材質の違いもあり、どうしても温度差を感じやすくなってしまいます。

そのため、少しでも断熱性能の差を緩和するために床裏には断熱材をしっかりと施工する必要があります。

 

◎リフォーム後

DSC00201

床材はならを使用しました。

 

ならとは…

一般的にオークともいわれます。ならはその木目が特徴的で、虎の斑点のような「虎斑(とらふ)」と呼ばれる模様が見られます。とても硬くて丈夫で、しかも比較的明るい色合いなので、使う場所を選びませんなので無垢だけでなく、複合フローリングにも突板やプリントとしてその柄が使われる程、ポピュラーで人気のある樹種でもあります。またフローリングなどの建築資材だけでなく、ウイスキーやワインの酒樽にも使われることでも有名です。

 

 

DSC00210そして表面の仕上げはクリア塗装のものを選びました。

無垢の質感はやや感じにくいですが、表面のキズや汚れにはとても強いので、日々の掃除やお手入れは簡単です。

 

 

愛知県豊田市 住宅リフォーム

施工期間:3日

施工箇所:和室→洋室

使用樹種:なら Aグレード クリア塗装


…商品詳細&お問い合わせ&資料請求はこちらまで…

~自然素材を生かしたやすらぎのある空間造りをお届けします~

無垢フローリングショップ ふろあ家

URL:http://furoaya.com/

担当:梶野(かじの)


  …商品詳細&お問い合わせ&資料請求はこちらまで…

~自然素材を生かしたやすらぎのある空間造りをお届けします~

無垢フローリングショップ ふろあ家
URL:http://furoaya.com/

株式会社 建築工房きらく
URL:http://kiraku-arch.com/

Instaglamはこちらから
URL:https://www.instagram.com/ikuya_kajino/?ref=badge

お問い合わせフォーム
URL:https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01253932

リフォームアドバイザー兼DIOアドバイザー
梶野(かじの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です