P1100051

施工事例 part1  ~ チーク無垢フローリングで品のいい縁側に ~


P1100022◎施工前~下準備の様子

家を建てられてから約20年近くそのままの状態とのことなので、至る所に色褪せやフローリング表面の傷みが見られます。

表面の痛みはありますがフローリング自体はまだしっかりはしていたので、既存のフローリングを下地として重ね貼りをしていくこととしました。

そのことにより、既存床の解体をしなくて済むので、無駄な廃材とかかる手間を削減し、コストと工期を抑えることができます。

P1100025

そこで気を付ける点としては、年数が経っているとフローリングが浮いてしまっている箇所があったりします。

仮にその状態で重ね貼りをしてしまうと、新しくフローリングを貼っても同じように浮いてしまう危険性があります。

そのため、まずは既存のフローリングとその下の根太組みをビス止めして補強していきます。

 

◎施工中の様子P1100027

樹種に限らず、無垢フローリングは天然の木でできているので、色合いや柄・木目にバラつきがあります。

そこでフローリングを貼る前に仮並べをしておきます。

まるべく柄がミスマッチしないように全体を見ながら合わせていって、事前に確認をします。

P1100030フローリングを一枚一枚、丁寧に貼っていきます。

上述のように無垢は天然の木でできているので、形や大きさもそれぞれ微妙に違います。

なので微調整を繰り返しながら施工をしていく必要があり、当然ながら手間もかかり職人の技術も問われます。

対して複合フローリングは既製品として形や大きさも一定で一枚も大きいので、施工の手間も無垢ほどはかかりません。

一般に複合フローリングと無垢フローリングの施工費用や手間費用の違いはその点にあります。

ですからただ単に費用が割高になるということではなく、技術を持った職人による安心のおける施工をお届けしていると考えています。

 

P1100041◎リフォーム完成

隣の和室は親戚が集まる部屋としても使っているとのことだったので、品のいい感じにしたいと思い、チークを提案させていただきました。

チークは「ゴールデンチーク」とも言われ、年月が経つにつれその色合いに深みが増し、長年に渡って楽しめる樹種であります。

P1100044また、既存の床に重ね貼りしたことで、しっかりとした丈夫な床を作ることができ、各敷居の段差解消にもつながりました。

全体に明るくなり、あたたかみのある縁側となりました。

 

愛知県日進市 住宅リフォーム

施工期間:1日

施工箇所:縁側

使用樹種:ビルマチーク Aグレード クリア塗装


…商品詳細&お問い合わせ&資料請求はこちらまで…

~自然素材を生かしたやすらぎのある空間造りをお届けします~

無垢フローリングショップ ふろあ家

URL:http://furoaya.com/

担当:梶野(かじの)

 


  …商品詳細&お問い合わせ&資料請求はこちらまで…

~自然素材を生かしたやすらぎのある空間造りをお届けします~

無垢フローリングショップ ふろあ家
URL:http://furoaya.com/

株式会社 建築工房きらく
URL:http://kiraku-arch.com/

Instaglamはこちらから
URL:https://www.instagram.com/ikuya_kajino/?ref=badge

お問い合わせフォーム
URL:https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01253932

リフォームアドバイザー兼DIOアドバイザー
梶野(かじの)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です